『マスカレード・ホテル』には眼光鋭いフロントがいるよ

東野圭吾作品の実写映画『マスカレード・ホテル』。
刑事 新田浩介を演じる木村拓哉とホテルマン 山岸尚美を演じる長澤まさみの異職コンビが連続殺人事件のミステリーに挑む。

ジャンル

監督

  • ミステリー
  • 鈴木雅之

出演者

  • 木村拓哉
  • 勝地涼
  • 髙嶋政宏
  • 長澤まさみ
  • 生瀬勝久
  • 菜々緒
  • 小日向文世
  • 松たか子
  • 渡部篤郎
  • 濱田岳
  • 宇梶剛士
  • 前田敦子

あらすじSummary

東京都内で起きた3件の殺人事件。
それぞれの犯行現場には次の殺人現場を示す暗号が残されていた。刑事の新田はこの手掛かりから第4の殺人場所がホテル・コンシア東京で起きると推測した。

警察はホテルと協力し、捜査員をホテル従業員として潜入させる。

かくしてフロントに配属された新田だが、山岸のホテルマンとしての指導と意識に馴染めずにいた。
また山岸も警察や新田のことを信用できず、それぞれが捜査と接客で衝突する。

そんな中、ホテルには一癖も二癖もあるお客様が次々に現れるが、殺人事件は推測通りに起きてしまうのか、犯行を防ぐことができるのか…

感想Review

まずホテルについて、
ホテルのきらびやかな表だけでなくバックヤードのような裏側を映すところがいいね。
こうなっているんだ! …と知った気になるのが好きなので。
ホテルの中にまさかあるとは思わないからアレが。

肝心の内容に関しては、洞察のところで「ほぉ、なるほど」と感心したところがある。
しかし、も~う少し多めにそういうノウハウを披露してくれると、なんだか賢くなった気分でより評価高くなったかな。少しもの足りない、残念。

キャラクターは個性的な方がそろっていて、それでいてお互いに邪魔しない程度でいい。
長澤まさみさんの少し戸惑いながらひきつった笑顔もコンフィデンスマンJPとも違うしね。
でも、ここでももう1つ、分かってしまような臭わせ演出は隠して欲しかったかな。
気づくのも楽しさの1つだけど、答え合わせまでとっておきたい!というのもあるんだよね。(贅沢…)

という感じ!
何も感想書けてないけど、ミステリー、推理ものは何書いてもネタバレしそうでこれ以上何も書けない。
もう、観てください!としか言えないので、上の予告で気になった方、是非ご視聴ください。

マスカレード・ホテル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする