『ホークアイ』のフィギュアはパーツが多い!多すぎる!!

待ちに待ったホットトイズ(Hot Toys) アベンジャーズ/エンドゲームモデルのホークアイのフィギュアが到着しました。
ホークアイのフィギュアは1つも所持していないので、これが初です。

購入したのはホークアイ(Hawkeye)、ローニン(Ronin)の両方を再現できるボーナスアクセサリー付のデラックスバージョンになります。
ホットトイズは過去発売品も振り返って収集される方がいらっしゃいますので、参考までに記事に感想や写真などを少し記録しておきたいと思います。
※デラックス版通常版とはことなる部分がありますのでご注意ください

目次

パーツ構成Accessories

本体、台座の基本セットの他、ローニン(Ronin)用のヘッドパーツが1点あります。

武器は弓が1点。
それから矢じりを後付けできる長い矢、短い矢が数点含まれています。


さらに矢筒も付いています。
この矢筒にはストックのように見せるため短いほうの矢を入れて使います。
さらにこの矢筒には単体で下部に矢じりが見えているという造りがあり、上から入れた矢の矢じりを演出しているようです。
他のフィギュアの話ですが、上から入れた矢が矢筒の下部の穴からするする出ていく不満点がありましたが、これ回避できる工夫でここはポイント高いです。
(アクションフィギュアでパーツがポロポロ落下するのはストレス溜まるので…)

後はハンドパーツが左右合わせて4点、この中に含まれています。

主な構成は以上で、初期状態はホークアイですね。

右上のパーツはローニン用のフード付きジャケットです。
フードには針金が入っているようで、フードの縁を好きな形状で保たせることができます。
また頭頂部付近にマグネットが仕込まれています。
これはローニン用のヘッドパーツとの組み合わせで機能します。
ホークアイのヘッドではマグネットは効きません。

左上の小物はローニン用の刀と鞘が計2点です。
鞘は武器のように持たせることも可能なようで、刀を納刀することもできます。
真田広之との戦闘を演出するには必要な小物ですね!
あとはアームガードとハンドパーツです。

下の小物は特殊矢じりが形状違いで大量にあります!!!
手裏剣も形状違いで計4点、ダガーもあります。刃が付いていない小物はホークアイの足元に装備させます。
装備の仕方もスーサイド・スクワッドのデッドショットと似ていて、人間凶器ですね。
(まったく、どうやって日本に入国したのか…)

組み立て!Assemble

ホークアイで飾るか、ローニンとして飾るか…
予約前から悩みポイントでしたが、やはり素顔が見えるところがホットトイズの魅力。

ホークアイにしました!

見てくださいこれ、
家を捨て、シールドを離れた、やさぐれジェレミー・レナーですよ!

でもローニンのフードも欲しいので両方の要素を混ぜてしまいましたね。
スタチューと違って自由度が高いから何でもありですよね?
しかし、どの角度から見てもすごい出来です。

もう少しポーズを変えて写真を撮っておきたいですが、撮影環境が整ったら差し替えや追加するかもしれません。

ひとまずホークアイはここまでで、次はブラック・ウィドウ、ナターシャに期待です。

Amazon商品ページ/フィギュア補足情報

  • アベンジャーズ:エンドゲーム/Avengers:Endgame
  • ホットトイズ/Hot Toys
  • ムービー・マスターピース
  • 1/6スケールフィギュア
  • ホークアイ/Hawkeye

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる