イエスタデイ

Amazon prime videoイエスタデイ (字幕版)

売れないシンガーソングライターのジャックが音楽で有名になるという夢をあきらめた日、12秒間、世界規模で謎の大停電が発生──。
真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが昏睡状態から目を覚ますと…あのビートルズが世の中に存在していない世界に!
彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?
ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況。
そしてエド・シーランのツアーのオープニングアクトを任され、ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。
思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが──。

Amazon

Amazon prime videoで配信されていたのでイエスタデイを観ました。

売れないミュージシャン ジャック・マリックが音楽の夢を諦めたその時に世界中で同時に停電が起きるという不思議な現象が・・・。
目覚めるとそこは病院のベッドで突然の事故で歯も折れていた。
でも問題はそこじゃなく、身内での集まりで即興で披露したビートルズの「Yesterday」を誰も知らないと言うのである。

Yesterday

…ふむ、漫画『僕はビートルズ』でもあったし、よくある話ですね。
いやないよ、
意味が分からない。

『僕はビートルズ』はあくまで時代をさかのぼってビートルズが売れる前に行動を起こしたのであって、今回の映画は過去にタイムスリップしていないし、ビートルズが存在していなかったことになっている。

Googleで検索してみても甲虫クワガタがヒットする。 もう一度検索してみてもやはりクワガタ!!
所有していたレコードを漁るもビーチボーイズ、ベック、ボウイはあるのに、クワガ…ビートルズがないのである。

しかし歴史から消えていたものは他にもある。

Oasisが存在しないのだ。
ミュージシャンを検索するもヒットするのは砂漠のオアシス的な的外ればかり。
そしてペプシを貰ってコカ・コーラへの変更を希望するも、相手には伝わらない。こちらもやはり存在していないのだ。検索したらコカイン王がヒットする始末。

…なんて斬新な切り取り世界。

そんなこんなでビートルズが存在しないならビートルズの曲を思い出し、世に送り出せばいいと考えるジャックだったが、曲が良くても中々一歩先のステージに届かない。
また地道な活動をするのだが、スーパーの定員としてCDを配るとメディアの目に留まるようになっていく。

そして、エド・シーラン(本人出演)の耳にも入るのだが、個人情報がばがばだね。ジャックの電話に直接本人から電話がかかってくるんだもの。
でも、もう既に上昇気流に乘っているジャックはここから止まらない。
Back in the USSRでロシアのファン掴み、そしてその夜にはエド・シーランとの即興対決でThe Long And Winding Roadを繰り出してしまう。

Back in the USSR
The Long And Winding Road

この後も名曲ぞろいでサクセスストーリーはジャックと一緒になって楽しめる。
新生ゴースト・バスターズ、じゃなくてエド・シーランのマネージャーのデブラ(ケイト・マッキノン)と契約し、その手腕で世界的なミュージシャンへの変貌やモノクロ写真でカメラを持たせる宣材、そして宗教のような戦略会議は業界の皮肉まで?

んー、今年観た中でもかなりお気に入りかもしれない。また観よう。

映画『イエスタデイ』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする