ネビュラはホルスター取り付けが高難易度!!

ホットトイズからネビュラが発売されました。
エンドゲームだからこそラインアップに加わったと思いますので、この機を逃すとカレン・ギランのフィギュアは手に入らないかもしれませんね。
購入を迷われている方はお店が在庫を抱えているうちにどうぞ。

それでは簡単に以下紹介です。

目次

はじめに

パッケージは青く、ネビュラを表現しています。
エンドゲームで統一感のあるパッケージですね。

ネビュラ保護フィルム外しの説明

続いて、ヘッドと左腕を外した写真です。
それぞれ交換パーツが用意されているわけではありません。
保護フィルムが首とデコルテに2箇所巻かれているため、取り外す必要がありました。

特にデコルテあたりは首側からフィルムを引き抜くことができないため、気付くまで時間がかかりました。
腕を外すとそれまで悩んでいた時間はなんだったのかスルスルと簡単にフィルムが取れました。

ホットトイズ ネビュラ

次にホルスターを取り付けるところがこのフィギュアの最難関です。
腰のベルト右側に金具があり、そこにホルスターを引っかけます。

問題は金具の差込口の大きさに余裕がないことです。
またネビュラの体にホルスターを密着させてスライドさせるのみでは金具に爪がかからない角度になっています。
細いツールと自分の指を差込、支え、押し込みと別々の動き・役割で対処し、なんとか取り付けができました。

(ピンセットかなにか他のツールがあれば簡単だったのかもしれませんね)

ここまでくれば後は難しいものはありません。
ベルトの後ろ側に格納版のバトンを差し込むのみで完成です。

あとはブラスターを持たせるか、バトンを持たせるか、さらにバトンにエフェクトパーツを持たせるかの好みになります。

ホットトイズ ネビュラ

感想

写真を幾つか撮ってみました。
撮影の技術がなく、白飛びが凄いですが、カレン・ギランの高身長を表現したフィギュアでどんなポーズも引き締まって見せてくれます。

脚はスーツの影響で可動域は狭いですが、少し曲げるのみでもとてもリアルです。
ポートレートではモデルさんはS字や少し捻りをつけると思いますが、フィギュアでもそれに従いほんの気持ち角度を付けたほうがいいですよね。
スーツの維持も大事ですが、無理のない範囲で十分にリアルになります。

左上ではスーツに覆われていますが、肘のあたりは素材が固い部分ではないため脚より曲げることができます。
右腕に関しては先に発売されたホットトイズのアリータと同じで可動域を妨げるものがなく、思うままにアレンジができるのはポイント高いですね。

総括としては、いつもと同じですが、買ってよかった!
主役だけでなく、作品の脇を固めるキャラクターやMARVEL以外の作品からももっとリリースして欲しいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる