英雄の試練(メルロマルク)

盾の勇者の成り上がり(盾の勇者もやり直し)のコラボイベント4週目です。
メルロマルクの岩谷尚文と会話することで英雄の試練としてグラスとの戦闘クエストが発生します。

グラスクエスト

状態異常耐性一覧は以下。

グラス状態異常耐性一覧
グラス 状態異常耐性一覧

グラスはアクティブスキルの威力が凄まじいため、拘束の効果が高いのはスキルキャンセルさせるためのようです。
ということはレリオーラなどが活躍しそうです。
拘束、呪い、火傷、CT増加が効果ありなのは岩谷尚文のスキルとの相性なのかもしれない…

ただ、レリオーラや岩谷尚文は育成しておらず、グラス戦は時間との勝負になるので火力が落ちないようタンク役はバファーと兼任でガラッドを採用し、以下の編成で挑みました。

グラス戦 編成
編成
  • ガラッド
    タンク兼バファー。
  • ボロディン、レオミュール
    光属性の火力。
    グラスはガチャ性能と異なり闇属性防御バフを使用してこないため光属性有利。
  • ヴォグイラ
    継続回復、敵のバフ解除、味方のバフ要員。
  • ロロミュ
    全体の回転数上げ。
  • ガンド
    ヒーラー枠。
    グラスの「輪舞破ノ型・亀甲割」攻撃が威力が高く、継続回復のみではガラッドが持たないため。

動画での立ち回りは以下です。

  1. ガラッド、ヴォグイラ、ボロディンのAS即発動
    バフ・デバフをばらまくことと、ノックアップやスタンでグラスの行動を阻害するため。
  2. ガラッドをグラスに近づける
  3. ガラッド以外を一か所にまとめる
    (タンクとグラスの距離)+ガンドのヒールがタンク役に届く9m程を後衛は確保できると、強力範囲攻撃「無駄な足搔きを……!」を後衛に放たれることがなかった。
  4. 一か所に固まった味方にガラッドがターゲット指定
    火力アップさせて時間切れを避けるため。
  5. 「輪舞破ノ型・亀甲割」でダメージを受けたら即回復
    グラスのもう一つの強力攻撃であり、継続回復ではカバーできない。
    ガンドのASを使用してガラッドを回復させる。
  6. ロロミュのAS発動 ※必ずガンドのAS発動後
    CT減少を発生させる。
    全体の回転数上げも目的だが、次の「輪舞破ノ型・亀甲割」までにガンドのASを使える状態にすることが最重要。

グラスは無敵貫通バフや、物理攻撃力アップバフをスタックするため、こちらもアロティのバフ解除で応戦する方法を何度か試したのですが上手くいきませんでした。
ですが、安全圏が確保できるとバフは気にせずに戦え、上の編成・立ち回りにて時間に余裕ができてクリアとなりました!

英雄の試練 グラス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる