Oculus Quest2のメガネ問題が解決!

 Oculus Quest2は標準オプションパーツを利用することでメガネを装着したまま利用ができます。
ただし、テンプル(つる)がフェイスガードのスポンジに干渉するため、毎回のヘッドセットの付け外しでストレスが溜まります。
また、ヘッドセットを装着した後のメガネ位置の微調整がしづらく、ベストな見え方等を探る手間が必要でした。
これらの問題を解決するのがOculus Quest2用の度付きレンズパーツです。

目次

度付きレンズパーツ

 度付きレンズはOculus公式サイトからも注文できますが、価格・送料を含めると割高になり、海外からの到着になるそうで日数も要するためAmazonにて購入しました。

STEP
内容物の確認
Oculus Quest2用の度付レンズ一式

左右レンズ、ケース(レンズ保管/持ち運び用)、レンズ取扱説明書が入っていました。
※画像の内容以外にヘッドセット本体への取り付け説明書と納品書もあります
レンズは東海光学製です。
HOYAやNikonなどと並び、メガネ作りの際にお世話になるメガネレンズメーカーの製品が採用されているため、品質は安心と信頼があります。

STEP
レンズの確認

袋から左右レンズを取り出すとアタッチメントが装着された状態のレンズが現れます。

アタッチメントとレンズ
アタッチメントとレンズを外した状態

アタッチメントはヘッドセットに直接はめ込み、度付きレンズの受け皿になります。
このアタッチメントと度付きレンズはフレーム両端の磁石で簡単に付け外しができます。

STEP
アタッチメントの装着

ヘッドセットからフェイスガードを外して装着しました。

アタッチメント装着

右側のみアタッチメントのはめ込みが完了した状態です。
アタッチメントの取り付けは少し難しく、カチッと音が鳴るまで押し込む必用があります。
はめ込み用の爪が3か所ありますが外側の爪が凸が大きいため、外側のはめ込みが終わった後に内側の爪をはめ込むと上手くいきました。

STEP
度付きレンズの装着
レンズ装着

右側のアタッチメントの上に度付きレンズを置いた状態です。
磁石で接続されるため難しい作業はなく、載せるのみです。

もしレンズが少しずれてしまう場合は、アタッチメントが綺麗に付いていない可能性があります。
この問題が起きた際、アタッチメントの爪の押し込みが1カ所甘かったのですが、再度はめ込みを行うことで解消しました。

作業の流れは以上で、左側のレンズも同様に作業して完成です。

このレンズパーツが優れている点

 メガネユーザ用に度付きにする製品は幾つかありますが、今回採用した商品が優れていると思った点は以下です。
※他社の商品は購入していませんので、比較して優位とならない内容もあるかもしれません。

  • 市場でも長年実績のあるメガネレンズメーカー製
    球面度数のみでなく、乱視度数や乱視軸なども注文時に伝えることができますので、自分の目に適しているレンズを作ることができます。
  • わずか1日ほどで度付きレンズが手元に
    Amazonで購入し、続けて未明頃に度数情報をショップへメールしました。
    メールした当日中に出荷連絡があり、手元には翌日届くという早さでした!
  • レンズの取り外しが容易
    これは他の製品ではそうできないものもあることがハッキリしていますが、今回採用した商品は磁石で付け外しが容易です。
    メガネではなくコンタクトレンズを付けている場合でも、ヘッドセットからレンズのみ外せば普通に使えてしまうという便利さ。
  • VRの際にメガネとおさらば
    目的がコレのため当然ですが、メガネなしでVRが出来るのは本当に素晴らしいです。
    激しく動いた後にヘッドセットの位置を調整することがゲームにより多々ありますが、メガネも気にすることなく気軽に調整できます。
    ストラップでヘッドセットが跳ね上げができる場合も同様で、メガネの干渉問題から慎重な操作を要するという問題からも解放されました。

補足

今回購入した商品は『メガネショップアイ尼崎店』さんの以下です。

購入後に左右の以下度数情報をメールで連絡し、注文完了になります。

  • R/S【 】C【 】AX【 】
  • L/S【 】C【 】AX【 】

コンタクトレンズの処方箋記載の度数情報でも良いようですが、推奨はやはりメガネ作成時の情報とのことでした。
私もメガネ新調ついでに視力測定して今回注文しましたが、メガネとコンタクトでは結果が異なりましたので精確なレンズをお求めの場合はメガネ用の度数が良いかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる